September 13, 2018 / 5:33 AM / 13 days ago

日本の警察は暗号犯罪追跡ツールに予算を計上


*14:25JST 日本の警察は暗号犯罪追跡ツールに予算を計上
警察庁は、不正な暗号通貨取引の背後に潜む個人を追跡するための新しいソフトウェアの開発に、予算を計上することになった。
NHKニュースによると、警察庁は、ソフトウェアの技術開発を民間部門へアウトソーシングするために、2019年に3500万円(31万5000米ドル)を予算を投入する。
警察庁は、新しく開発するソフトウェアは、疑わしいと警告されたブロックチェーン・トランザクションの流れを追跡し、暗号通貨を送信あるいは受信する個人を「視覚化して特定」する機能を備えたものになると述べている。
敬雑長のこうした取り組みは明らかに、暗号通貨をめぐる詐称を伴う刑事事件の疑いが増えていることに対応するものである。ブロックチェーン取引の匿名性を考えれば、さらなる調査を行う際には、警察は困難に直面している。
2018年の初めに、警察庁は、CoinDeskが報告したように、2017年のわずか8カ月で、暗号取引所からの疑惑のあるマネーロンダリングの報告が669件にのぼっていることを明らかにした。
さらに、2018年3月の警察庁の発表によると、ハッカーは、2017年に暗号通貨取引所の個人口座や個人の暗号通貨ウォレットから、少なくとも620万ドルの暗号通貨を盗んだという。
コインチェックの暗号取引所が5億2000万ドルのハッキングにあったあと、暗号通貨業界は打撃をうけた。監督当局である金融庁は、暗号通貨取引所に対して、効果的なアンチ・マネーロンダリングとセキュリティ対策を要求した。
出典:Coindesk


【ニュース提供・エムトレ】



《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below