September 17, 2018 / 10:40 PM / a month ago

NYの視点:米中貿易摩擦の行方、トランプ経済政策履行のリスクにも


*07:37JST NYの視点:米中貿易摩擦の行方、トランプ経済政策履行のリスクにも
米中貿易協議再開への調整が進む中、トランプ大統領は当初の計画通り2000億ドル規模の中国製品に追加関税を発動する準備を進めており、貿易協議でのレバレッジに利用する方針のようだ。トランプ米大統領は17日にツィートで、「関税は米国を非常に強い位置に置く」「もし、諸国が米国と公平な合意をしなければ、関税を課すことになる」と言及。米国政府は対中追加関税を早くて、17日、または18日に発表すると報じられている。トランプ大統領はまた、中国との通商合意を維持する圧力を受けてないと強きの姿勢を維持。ホワイトハウスは、中国の不公平な貿易慣行への対応を続けるとし、中国が米国の長期にわたる懸念に対処するよう要請した。

ただ、関税率が10%と報じられており、当初計画されていた25%を下回る見込みであることは唯一のプラス材料となる。

中国も米国の強い対応に簡単には屈しない方針を表明。中国外務省は対米報復措置を講じる方針を再表明し、貿易協議の招待にも応じないと米国を脅かした。習国家主席も米国との貿易戦争で、「防衛にのみ徹するつもりはない」と警告した。

今週、トランプ大統領は貿易に関してアドバイザー、ムニューシン米財務長官、ロス米商務長官、ライトハイザー合衆国通商代表(USTR)との会合を予定している。グローバル派として知られるムニューシン米財務長官はハイレベルの貿易協議を目指し、中国の劉鶴福首相が率いる代表団に書簡を送ったものの、米国の追加関税の可能性で、中国は協議を拒否する可能性がある。

中間選挙を控えた国民に対する世論調査で、経済の改善において共和党は有権者の支持を得ているものの、貿易戦争への脅威で民主党に票が流れる可能性が示唆されている。トランプ政権が経済政策を履行するにあたり、リスクとなる。米中関係の行方に注目が集まる。



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below