September 19, 2018 / 10:44 PM / 3 months ago

NYの視点:9月FOMC、12月の利上げを示唆する声明に


*07:37JST NYの視点:9月FOMC、12月の利上げを示唆する声明に
米連邦準備制度理事会(FRB)は26日に予定されている連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利であるFF金利誘導目標を25ベーシスポイント引き上げ2.0%−2.5%に設定することがほぼ確実視されている。焦点は、声明の中で、果たして、「金融政策は緩和的」との文言を修正するかどうか。さらに、9月会合では、スタッフ予測の発表やパウエルFRB議長の会見が予定されておりいる。

政策当局はこの会合で、「金融政策は緩和的」との文言を修正し、フォワードガイダンスを「中立」にする可能性がある。また、12月の利上げの意向を示唆する可能性が指摘されている。

好調な米国の経済動向を受けて、今年中ごろまで50%に満たなかった12月の利上げ確率も80%まで上昇した。その後、2019年は2回の利上げが織り込まれている。

6月の予測で、FOMCスタッフは2018年に4回、2019年には3回の利上げを予想している。依然3.4%が利上げ打ち止め金利。

モルガンスタンレーは「FOMC、12月の利上げの強いシグナルを送る」と予想。Natixisのエコノミストも、タカ派色を弱める理由なく、よりタカ派に傾斜する可能性を指摘している。タカ派色を弱める理由はないとの見方が大半で、米債利回りも5月の3.11%を突破する勢いとなっている。



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below