December 7, 2018 / 2:35 AM / 11 days ago

税制からみる投資アイデア、SMBC日興証券(花田浩菜)


*11:30JST 税制からみる投資アイデア、SMBC日興証券(花田浩菜)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

12/7付の「DailyOutlook」では、税制について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『年末が近づくに連れ話題になりやすい来年の税制。今年、最も高い関心を寄せられているのが消費増税だろう。2014年4月の増税の際は、消費の落ち込みなど国内景気に大きな影響を及ぼしたことは記憶に新しい。ただ、来年10月の消費増税は軽減税率の導入などもあり、2014年に比べ家計負担は少ないとみられる』と伝えています。

続けて、来週13日に2019年度の与党税制改正大綱が取りまとめられるとみられることを挙げ、『消費増税対策である減税などに焦点が集まりやすいだろう。しかし、大きな政策の流れを推進させる税制にも注目したい。まず、政府が2020年の訪日外国人旅行者数4,000万人を目指しているインバウンド関連では、イベント等の短期間出店の際の免税出店手続きが簡素化される見込み。キャッシュレス決済の推進と相まって、インバウンド消費の拡大につなげたい構えだ。また、個人事業主の事業承継にかかる優遇税制が設けられる見込みだ。昨年は非上場企業の事業承継に関する優遇税制が盛り込まれた。高齢化の進行により、事業承継は構造的な問題となっている』と分析しています。

さらに、『消費増税対策に目が行きがちではあるが、こうした税制の変化もインバウンド、キャッシュレス、あるいはM&A仲介や事業承継コンサルなど関連銘柄の追い風になる可能性がある』とまとめています。

最後にレポートでは、『税制改正大綱に盛り込まれるとみられる主な内容』を紹介しています。詳しくは12/7付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜



《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below