December 17, 2018 / 5:43 AM / 3 months ago

上海ゴムは取引中心限月の移動のタイミングで新たなトレンド発生か? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


*14:37JST 上海ゴムは取引中心限月の移動のタイミングで新たなトレンド発生か? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
皆さん、こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の気になるレポートです。今日は天然ゴム市場についてのレポートをご紹介します。

松永さんのブログ「松永総研」では、『週明けの東京ゴム市場では、RSS3の上げ幅が目立っております』と値動きについて伝えています。

また、ファンドのポジションについて、『東京ゴムTSR20におけるファンドの売り越し枚数が先週末時点で1290枚まで増加し、過去最高を更新しました。先月20日頃からファンドの売り越し枚数の増加傾向が強まっております』とのことで、『しかし、売り続けてきたファンドの値洗いもかなり悪化してきたので、東京ゴムTSR20が更なる上昇となれば、売り方ファンドの本格的な手仕舞いの買い戻しを誘う可能性もあります』と分析。『本格的な手仕舞いの買い戻し』となれば、天然ゴム価格はさらに上昇しますよね。

そして、『上海ゴムの取引中心限月が先月末に移動しました。「取引中心限月の4カ月ぶりの移動」により、上海ゴムの内部要因が一新されたことは注目でしょう』と考察しています。

売り方有利な状態が約4ヵ月続いていたのが上海ゴム価格の緩やかな上昇で買い方有利に変化してきたということで、『上海ゴムは、しばらく買い方有利な展開となることも考えられます』との見解を伝えており、『上海ゴムは、「4カ月に1度の取引中心限月の移動のタイミング」で、新たなトレンドが発生する傾向があることも注目でしょう』と紐解いています。

先週のレポートで、天然ゴム市場について「さやの変化は相場の変化」とお伝えしましたが、相場の変化にはトレードチャンスがあるかもしれません。天然ゴム市場に注目してみてはいかがでしょうか。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の12月17日付「天然ゴム市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below