December 19, 2018 / 12:42 AM / a month ago

コラム【アナリスト夜話】:ペイペイに続け?(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)


*09:36JST コラム【アナリスト夜話】:ペイペイに続け?(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)
先週、ソフトバンクとヤフーの決済システム「ペイペイ」が話題になりました。弊社でも、ある人が全額キャッシュバックに当選し、盛り上がりは最高潮に達しました。

システムの不具合などいろいろ問題もありましたが、やはり、この「100億円あげちゃうキャンペーン」が、わずか10日で100億円を還付しきって終了したのは驚きでした。逆算すると、300強~400億円程度使われた計算です。仮に1アカウント当たりの利用額が1~2万円とすると、200~400万のアカウントが開設されたことになります。

新生銀行や住信SBIネット銀行などのリテール口座数が300万規模ですから、ペイペイは、わずか10日で小規模銀行に匹敵する顧客を集めたことになります。

このままでは、従来の銀行は、個人の決済から弾き出されてしまうかも・・・そんな危機感があるかと思いきや、この上期決算の取材で聞いた銀行のコメントは意外と楽観的でした。その背景の一つが、先月、銀行連合が発表した統一QRコードによるスマホ決済の開発です。

確かに、自分の給与口座から直接支払える銀行のスマホQR決済は便利に思えます。しかし、今回のペイペイで明らかになったように、消費者に使ってもらうには、サプライズ感があり、口コミで広がるようなメリットが重要です。銀行連合は安価な加盟店手数料を打ち出していますが、問題は、利用者側にどこまで大胆なメリットを提供できるかでしょう。

銀行のスマホQR決済稼働の2020年4月までの間に、どこかがデファクト・スタンダードになれるかどうか。あるいは、先発組を破壊するようなキャンペーンを銀行連合が打ち出せるのか。個人決済の世界は、デファクトを獲得するため、いかにメリットを付与するかの戦いになりそうです。

実は今回は、「ペイペイで何を買おうか」と迷っているうちに、100億円キャンペーンが終わってしまいました・・・次回またどこかが行うであろうキャンペーンに備え、今から買いたいものを心に決めておこうと思います。

マネックス証券 チーフ・アナリスト 大槻 奈那
(出所:12/17配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より、抜粋)





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below