December 20, 2018 / 5:19 AM / in 3 months

東京白金は割安感から今が買いチャンス? サンワード貿易の陳氏(三井智映子)


*14:13JST 東京白金は割安感から今が買いチャンス? サンワード貿易の陳氏(三井智映子)
皆さん、こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の気になるレポートです。先週の白金市場は下落。白金市場はここが底となるのか再び下落転換するのか、気になるところです。そこで、今回は白金市場についてのレポートをご紹介します。

テクニカルマイスターで陳さんは、足元の白金価格について『NY白金が800ドルを下回り、東京白金も戻り売りが優勢となっているようだ』と伝えています。続けて、『先月下旬に公表されたThe World Platinum Investment Council(WPIC、ワールド・プラチナム・インベストメント・カウンシル)の「Platinum Quarterly」最新版によると、世界のプラチナ需要は、2019年に2%超の増加が予測され』ている、としており、2019年の需要について、『産業の継続的成長と投資回復により上昇』と解説しています。

また、自動車分野については『ディーゼル車に対する制限が厳しくなること』を背景に、プラチナの余剰が2018年比で『10%低下すると予測されている』ものの『減少率は小さなものに留まるとしている』と伝えています。

そして、『総じて今年の需給状況よりは改善する見込みだが、産業用貴金属であるため、原油安や株価の下落を反映して、不安定な地合いを強いられているようだ』と考察しています。

しかし、白金価格の割安感を指摘し、『NY白金の800ドル以下、東京白金の2800円台は割安感が強い』と指摘。『同じ貴金属である金やパラジウムとの比較にしても下げ過ぎ感は強く、いずれ買いが優勢になると予想する』との見解と示しています。

参考にしてみてください。

上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の12月19日付「東京白金は割安感強く、いずれ買いが入るだろう」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below