December 27, 2018 / 12:19 AM / 3 months ago

NYの視点:米国の経済、警戒したほど減速しない可能性も、消費が力強い


*09:14JST NYの視点:米国の経済、警戒したほど減速しない可能性も、消費が力強い
通年の米国株式相場は24日のクリスマスイブからクリスマスラリーがはじまる。しかし、今年のクリスマスイブ相場は歴史上初めての下落で終わった。クリスマス明けの相場は様変わり。1000ポイント以上の上昇と、一日の上昇ポイントとしては過去最大を記録した。ただ、米国の一部政府機関の閉鎖が長期化の様相を見せているなど、来年に向けて投資家の楽観的な見方が維持できるかどうかにはまだ不安が残る。トランプ米大統領は「国境の安全保障を得るためには、全ての手段をとる」と断固とした態度を表明している。

一方で、米国の年末商戦が非常に好調であることが明らかになりつつあることが投資家の自信回復につながった。マスターカードが発表した速報データ(Mastercard Spending pulse)によると、今年11月1日から12月24日までの年末商戦の伸びは前年同期比5.1%増と、6年ぶりの高水準となった。米国の消費者はこの期間に8500億ドル規模の買い物をした。10月から継続していた株式相場の急落や米国の一部政府機関閉鎖などの影響は見られず、ウォール街と違い一般の米国民は雇用の安定や過去10年間で最大の賃金の上昇を受けて、引き続き消費を満喫しているようだ。オンライン販売は19.1%増、一方で、百貨店の売上は1.3%減少した。

アマゾンは今年の年末商戦での売り上げが過去最高に達したと発表。米国の経済は7割を消費が占める。このため、強い小売りの結果を受けて、市場に存在していた経済への悲観的見方が後退した。2019年度に向けては引き続き経済への不安は残るものの、米国経済の成長が警戒されていたほど、減速しない可能性も期待される。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below