February 1, 2019 / 2:53 AM / 4 months ago

2月以降は決算を受けて1月と異なる相場展開に、SMBC日興証券(花田浩菜)


*11:47JST 2月以降は決算を受けて1月と異なる相場展開に、SMBC日興証券(花田浩菜)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

2/1付の「DailyOutlook」では、2月以降の相場展開について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『米中通商問題、FRB(米連邦準備制度理事会)のタカ派的金融政策、米政府機関一部閉鎖などの懸念が高まり、昨年末に株式市場は調整色を強めた。新年も1月が終わったが、いずれの問題も徐々に良好な方向に動きつつあると見込まれる。TOPIXは2018年12月に10.4%下落したが、2019年1月は4.9%値を戻した』と伝えています。

続けて、12月の33業種別東証株価指数は全業種が下落したことを挙げ、『対して1月の戻りは、トップのガラス土石製品から最下位の小売業まで、業種間で差が目立つ。トップにほぼ並ぶパルプ・紙は1月に入っての値上げ進展が寄与。小売業は年末年始発表の9-11月期決算が自然災害や暖冬で不振だったことが影響している。また、本格化した10-12月期決算発表で減額修正が相次ぐものの、機械や電機の株価は底堅い』と分析しています。

さらに、『ただ、今後の株価動向は、現在の決算発表を受けて1月とは異なった動きとなりそうだ。冴えない動きだった小売業だが、1月末発表の12月小売業販売は回復基調となっている。消費喚起イベントが多い2019年は消費回復が見込まれ、サービス業も加えた消費関連からは目が離せまい。一方、機械や電機は、減額修正を織り込み済みとはいえ、減額要因となった中国の在庫調整は4-6月期まで継続しそうで、底打ちながら回復まではみえていない』とまとめています。

最後にレポートでは、『主要業種別東証株価指数騰落率(12月と1月)』を紹介しています。詳しくは2/1付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜



《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below