February 6, 2019 / 1:10 AM / 2 months ago

コラム【アナリスト夜話】:『アクティビスト・フォーラム』始動!(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)


*10:06JST コラム【アナリスト夜話】:『アクティビスト・フォーラム』始動!(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)
1月31日に、「マネックス・アクティビスト・フォーラム」という活動をスタートしました。個人投資家の皆さんも企業に対して声を上げ、企業や株式市場を良い方向に動かしていきましょう!というのが趣旨です。今後、さまざまな情報発信やイベントを行う予定です。

株主提案を受けた企業の数は増加傾向にあり、昨年6月の株主総会シーズンでは過去最高になりました。ただ、なかなか安定株主の壁が厚いのが現状です。

たとえば、みずほFGでは、16年に個人投資家の株主提案が48%の賛成票を集めました。みずほは、14年に、配当を「取締役会で決議できる」と変更しましたが、これを株主総会で決議する形に戻すよう求めたものです。

この提案は、議決権行使助言会社ISSの賛同も得ましたが、必要な3分の2は集められず否決されました。しかし、30%という高いシェアを持つ個人投資家の票がもっと動いていたら、状況は違っていたかもしれません。

米国では、株主総会より取締役会のカバー範囲が広いとされます。しかし、日本と異なり、取締役会の過半数が社外役員となっており、株主総会では役員報酬について株主が意見を言える「セイ・オン・ペイ」という制度があるなど、外部の声が届きやすくなっています。日本のように、社外役員も少なく、株主総会も安定株主に掌握されている現状では、企業を変えていくのは容易ではないかもしれません。

実際、アジアの投資家団体ACGAが昨年12月にまとめたコーポレートガバナンス・ランキングで、日本は、前回の4位から7位に、アジア諸国内での順位を下げてしまいました。制度は強化されても、取締役会の実態が変わっていないなどと指摘されています。

企業と市場を変える最も大きな力を秘めているのは、個人投資家の皆さんかもしれません。今こそ、声を上げていきましょう!

マネックス証券 チーフ・アナリスト 大槻 奈那
(出所:2/4配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より、抜粋)





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below