February 8, 2019 / 7:49 AM / 2 months ago

上海市、今年GDP成長率目標を引き下げる


*16:42JST 上海市、今年GDP成長率目標を引き下げる

中国上海市政府は1月27日、今年域内総生産(GDP)伸び率目標を6~6.5%に設定した。昨年目標の6.5%を下回った。

同市の応勇市長は同日開催された上海市第15期人民代表会議第2回会議で発表した。また、応市長は今年市全域の一般公共予算収入(歳入)の増長率を5%にするとした。昨年設定した目標は7%だった。

応市長は、今年上海市政府の財政収入が厳しい状況にあるため、市政府部門の一般支出も一律5%削減するとした。

中国財政部(財務省)の劉昆・部長、李克強首相、陳吉寧・北京市長に続き、応勇市長も27日の会議で、「厳しい生活に備えよう」と口にした。

いっぽう、中国メディア「財新網」23日付によると、上海市のほかに、北京市、湖北省、安徽省、福建省など8の地方政府も今年のGDP成長率目標を引き下げた。なかには、新疆ウイグル自治区当局は、昨年目標の7%から、今年の5.5%に大幅に調整した。

ロイター通信28日付は、中国31の省・直轄市・自治区のうち、少なくとも23の省・市・自治区が今年のGDP伸び率目標を昨年の目標から引き下げたと伝えた。

海外の一部の専門家は、中国当局は今年の伸び率目標を6~6.5%に引き下げる可能性が大きいとの認識を示している。

ドイツのシンクタンク、メルカトル中国研究所(MERICS)の最新調査報告書では、2019年は中国経済にとって「困難極まる1年になる」との見方を示した。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)23日付は、中国経済はハードランディングリスクにさらされていると強調した。

(翻訳編集・張哲)



【ニュース提供・大紀元】



《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below