February 27, 2019 / 10:46 PM / in a month

NYの視点:米12月貿易赤字は過去最大へ、トランプ政権の貿易赤字縮小策を正当化


*07:43JST NYの視点:米12月貿易赤字は過去最大へ、トランプ政権の貿易赤字縮小策を正当化
米国の12月前渡商品貿易収支は795憶ドルの赤字と、赤字幅は予想736億ドルを上回り過去最大に達した。トランプ政権の貿易赤字を縮小する政策を正当化する結果となった。ドル高や関税の影響で、輸入が3.2%増、輸出が0.3%減となった。

輸入は11月に落ち込んだのち、以前の水準に回復。企業は将来の関税引き上げに備え、在庫を増やした可能性が指摘されている。一方でドル高や世界経済の成長減速で需要が鈍化し、輸出の減少につながったと見られている。赤字の拡大は国内総生産(GDP)の成長を抑制する。

トランプ大統領は貿易赤字の縮小を目指し、中国との貿易協議を再開。協議の進展を理由に、従来3月1日に設定されていた交渉期限を延期。これにともない対中輸入品に賦課する関税率引き上げもとどまった。さらに、3月に米中首脳会談を開催する計画を発表したため、何らかの合意が成立するとの期待が広がった。

一方で、ライトハイザーUSTR代表は27日下院歳入委員会で、中国との貿易協議に関する証言を行い「1回の協議で全ての問題が解決できると考えているわけではない」と慎重。タカ派としてしられるライトハイザー氏は、「米中貿易協議はプロセス」に過ぎず、「依然、やらなければいかないことは多々ある」との見解を示した。また、中国は過去、「公約を果たしていない」と非難し、中国による米国製品の購入拡大だけでは「不十分」だとの考えを示した。協定改善に向けたプロセスが「始まったばかりだ」と強調し、問題解決までにはまだ時間がかかる可能性を示唆した。

米商務省は28日、10−12月期GDP速報値の発表を予定している。7−9月期の3.4%成長から2.3%成長に鈍化し、米連邦公開市場委員会(FOMC)の辛抱強く利上げを急がない方針を裏付ける結果が予想されている。ドルももみ合いが継続すると見る。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below