March 4, 2019 / 10:41 PM / 19 days ago

NYの視点:トランプ米大統領は再びドル高や金利高でFRB批判、市場への影響は限定的との見方


*07:35JST NYの視点:トランプ米大統領は再びドル高や金利高でFRB批判、市場への影響は限定的との見方
トランプ米大統領は週末にメリーランドで開催された保守政治活動会議(CPAC)のラリーで、ドル高や米国の金利上昇、量的引き締めを導いたとして米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長を再び批判した。「ドルが高すぎる」として、ドル安誘導に努めた。トランプ大統領は、米国経済に有益に働く理に適う「強いドル」が望ましく、米国の企業が他国と取引ができなくなりビジネスチャンスを奪われる「強すぎるドル」は望まないと訴えた。

現在、米国は中国や欧州との貿易協議の真っただ中。中国との貿易協定には為替に関して、競争的な通貨切り下げを回避する条件も含まれているという。一方で、米国政府がドル安政策を進めるとは考えにくい。さらに、2020年の大統領選挙選を見据えた保守党ベースに向けた演説で、トランプ大統領の発言は政治色が強く、市場への影響は「限定的」と、投資家は見ている。万が一、米国経済の回復が中断すようなことになったり、金融市場に混乱がもたらされた場合、その責任をFRBに担ってもらう策略だと分析している。

FOMCは米国経済の緩やかな成長に伴い金融危機を脱するために実施した異例な金融緩和策の解除を継続してきた。2019年に入り経済の成長ペース減速見通しにともないFOMCは利上げを見送り、バイアスをなくす慎重な政策に転じた。しかし、他国の経済の成長も米国以上に減速ペースを加速しているため、欧州中央銀行(ECB)など各国中央銀行の利上げが遅れるとの見通しがドルを押し上げる理由となっている。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below