March 6, 2019 / 12:58 AM / in 14 days

コラム【新潮流2.0】:春に変わる(マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆)


*09:52JST コラム【新潮流2.0】:春に変わる(マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆)
◆梅祭りが最終日を迎えたこの週末、熱海に行った。あいにく昨日は雨となったが土曜日はとても良い天気に恵まれた。温泉宿の大きな展望風呂につかり、伊豆の海に陽光がきらめく様を眺めると、春の訪れが近いことを感じた。明後日は二十四節季の啓蟄。冬ごもりしていた虫が暖かくなって穴から這い出てくる時である。

◆日の出の時刻もどんどん早くなっている。東京で今はまだ6時台だが、あと1週間も経てば日の出は5時台になる。春分前のこの時期、日の出が早まるペースはもっとも加速する。月と太陽が同じ方向に並ぶ新月は7日。月の満ち欠けも新たな周期に入る。相場でも潮目の変化が起きそうである。

◆まっさきに思いつくのは米国株の上昇が止まることだ。なにしろナスダック総合指数は10週連続で上昇し、1999年の終わり以来の記録となっている。さすがに一服となってもおかしくはない。しかし、半値戻しに届かない日本株の上昇がここで止まってもらっては困る。上海株もドル円相場も200日移動平均を超えたところから一気に上昇に弾みがついた。上海株は3000ポイントの大台回復目前、NY外国為替市場ではドル円は一時112円台をつけた。そろそろ日本株のエンジンもあったまってくる頃ではないか。

◆熱海の梅園から戻ると昨日はひな祭り。花は梅から桃に変わった。犬の散歩の途中、ふと頭上を見上げると桜の蕾が膨らんでいる。桜となれば日本の、日本株の出番だ。花が桜に変わる頃、日本株の力強い復活劇をみたいものである。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆
(出所:3/4配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より抜粋)





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below