March 19, 2019 / 8:44 AM / 3 months ago

タイが国内で初めてとなる合法的なICOを発表


*17:37JST タイが国内で初めてとなる合法的なICOを発表
新しいICOプロジェクトの名称は公表されていないが、タイがはじめて公認するICOは、KYCの項目に従って投資家の身分を明確にすると同様に、法的な検査を受けたり、スマートコントラクトのコードを確認しながら、投資家は、利用できるICOをみたり、選んだりできるとされている。規制当局は、投資にとって主要な要因となるのは、資産と関連する権利やリスク、制限や条件についての、クライアントの十分な知識であると、述べている。
ICOのプラットフォームは、外資系企業が保持している。ほかには、タイのSEC(証券等取引委員会)のメンバーは、あと8社のスタートアップが、ICOを始めることについて、規制当局と相談していると報告している。
SECのフィンテック部門の責任者であるArchariSuppiroj氏は、トークンを販売するためのプラットフォームは、商務省や他の政府機関から承認を得る最終段階にきていると、述べている。ArchariSuppiroj氏はまた、新しい法律のもとの最初のICOは、近い将来スタートするでしょう、と付け加えた。

2018年12月、SECは、トークン販売の規則を緩和し、企業がICOによって資金を調達できるようにするために、公聴会を開き、関係者の意見を集めた。
注目に値するのは、将来のICOプラットフォームが、証券のような他の種類のトークン化された資産の提供を禁止していることである。注目に値するのは、将来のICOプラットフォームが、証券などの他の種類のトークン化された資産を提供することを禁止していることです。ArchariSuppiroj氏が説明したように、STOはまったく異なる法律に該当するのだ。しかし、ArchariSuppiroj氏は後で、規制当局がセキュリティトークンと他の資産のための基準づくりに取り組むだろうと、述べた。
出典「FirstLegalICOPlatformToRollOutInThailand」







【ニュース提供・エムトレ】



《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below