March 27, 2019 / 9:00 AM / a month ago

会話できるAIリアルパートナー「AIdol」(アイドル)をSECがSTOとして承認


*17:53JST 会話できるAIリアルパートナー「AIdol」(アイドル)をSECがSTOとして承認
ARシステムは、独自のAI会話エンジンを搭載したAIリアルパートナー「AIdol」(アイドル)を企画開発し、アメリカのSEC(証券取引委員会)でSTO(SecurityTokenOffering)として承認された。

「AIdol」の社会的意義とプロジェクトの理由
1.忙しい現代人の問題を解決
家の電化製品を制御し、快適な暮らしを実現し、社会的課題を解決する。
2.コミュニケーション下手の人の問題を解決
人づき合いが苦手な人の社会的課題を解決。
3.進行する認知症の問題を解決
話し相手をすることで認知症の進行を遅らせ、社会的課題を解決。
4.一人暮らしのセキュリティの問題を解決
空き巣被害を防ぐなど防犯対策として社会的課題を解決。
5.もう一人自分がいてくれたらという問題を解決
自分自身の「分身」として握手会や講演会などを行うことで社会的課題を解決する。

「AIdol」の事業内容と展開
AIの音声でやり取りできる音声認識版の開発
日本語、英語、中国語版からスタートして、フランス語、イタリア語、スペイン語、ロシア語などの多言語化にも対応。目と口の動きに連動した、より人間らしさを追求した開発を進める。
AIの音声認識により、家電やお風呂の設定などを制御し、ハブのコントローラーとして機能
スマートホームのIoT化を実現。スマートホームの会社と提携を準備中である。
「AIdol」の世界観を再現したゲームやVR・AR・MRのコンテンツを提供
ブロックチェーン技術を活用し、5G環境で今までにない臨場感と没入感が体験できる。 持ち運べる「AIdol」である。




【ニュース提供・エムトレ】



《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below