March 27, 2019 / 10:41 PM / 3 months ago

NYの視点:米Q4GDP確定値に注目、米国債利回り曲線がリセッション示唆する中


*07:37JST NYの視点:米Q4GDP確定値に注目、米国債利回り曲線がリセッション示唆する中
米国債券市場は27日、3カ月物Tビルと10年債の利回りの逆イールドは一時11.035ベーシスポイントまで広がり、2007年9月来で最大を更新した。米国経済が景気後退に陥るとの警戒感が再燃。米金利先物市場では年内の利下げを77%織り込んだ。

米連邦準備制度理事会(FRB)の理事候補スティーブ・ムーア氏は25日のNYタイムズ紙とのインタビューで、「FRBは速やかに軌道を修正し政策金利を50ベーシスポイント引き下げるべき」と主張した。9月と12月の利上げは「間違い」と指摘。この発言を警戒し、米国債券相場は上昇。米10年債利回りは2.35%まで低下、2017年12月来の低水準となった。

ムーア氏の発言に対し、米大統領経済諮問委員会(CEA)のハセット委員長は、理事職獲得に向けた同氏の「セールストーク」との見解。指名されれば、同氏の見解が明らかになり、激しい発言も後退するだろうと述べた。トランプ大統領は、昨年12月に年4回目の利上げに踏み切った連邦公開市場委員会(FOMC)やそれを指揮したパウエル議長を激しく非難した。

少なくとも現状の経済指標において、景気後退の兆候は見られない。アトランタ連銀は1−3月期国内総生産(GDP)の予想を従来の+1.3%から1.5%へ上方修正した。米商務省が発表した1月貿易収支で赤字幅が予想以上に縮小したため、純輸出が0.29%ポイントのマイナス寄与から0.12%ポイントのプラス寄与に改善。また非居住住宅投資の伸びも‐2.2%から—0.2%に改善した。

商務省は10−12月期の国内総生産(GDP)の確定値を28日に発表予定。エコノミスト平均予想は+2.3%と、改定値の+2.6%から下方修正される見込み。個人消費も+2.6%と、+2.8%から下方修正が予想されている。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below