March 28, 2019 / 10:47 PM / 3 months ago

NYの視点:米Q4GDPはQ1の低成長を示唆


*07:39JST NYの視点:米Q4GDPはQ1の低成長を示唆
米商務省が28日発表した10-12月期国内総生産(GDP)確定値は前期比年率+2.2%となった。伸びは速報値+2.6%から予想以上に下方修正された。2018年第4四半期に比べると+3%。2018年通年の伸びは2.9%と、2015年以来で最大となった。ただ、トランプ政権が目指していた3%成長を小幅下回る結果となった。

確定値では、GDPを構成する個人消費、連邦・地方政府の支出、非居住不動産投資など全てが速報値から下方修正された。個人消費は前期比年率+2.5%と、速報値+2.8%から予想以上に下方修正された。輸入も+2.0%と、従来の+2.7%から下方修正された。米国と貿易相手国との緊張が継続したことが影響した。ただ、輸出は+1.8%(速報+1.6%)と、GDPの成長に寄与した。企業の設備投資の動向を示す非居住不動産投資は+5.4%と、7−9月期の+2.5%から伸びが拡大した。一方で、居住住宅投資は‐4.7%と、4四半期連続でマイナスとなった。

トランプ政権の減税が奏功し、2018年通年で企業利益は+7.8%と、2017年の+3.2%から大幅な伸びとなった。

10−12月期GDPは過去の結果であるが、1−3月期経済の成長が停滞する前兆だとの見方も少なくない。1−3月期GDPで、エコノミストは2%割れの成長を予想している。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below