April 1, 2019 / 5:26 AM / 3 months ago

トルコ統一地方選挙後の、トルコリラの動向に注目 サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


*14:21JST トルコ統一地方選挙後の、トルコリラの動向に注目 サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
皆さん、こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の気になるレポートです。

今日はスワップレートが上昇したことでも注目の高金利通貨トルコリラについてのレポートをご紹介します。

松永さんのブログ「松永総研」では、トルコリラの翌日物スワップレートについて『22%からたった2営業日で330%まで上昇』、『更に1200%まで上昇することとなり、本日のFX市場でも話題となっております』と伝えています。

その背景については、『トルコ中銀が通貨流通量を絞ることで流動性不足が発生』 したと分析し、『トルコリラに対する借入れコストがあまりにも高くなるので、トルコリラを売りにくくなります』と解説しています。そのことからトルコの株式が売られており、『トルコの統一地方選が3月31日に控えており、それに向けての思惑が交差しているようです』とみているようです。

また、今回の統一地方選挙について『与党がかなり苦戦すると見られております。統一地方選挙に対する思惑が交差しているところですが、先週末よりトルコ中銀がトルコリラの流動性を極端に絞っており、かなり強引な手法でトルコリラ下落に対する防衛姿勢を強めております』と考察しています。

加えて、『大統領制に移行してから初めての統一地方選挙を迎え、市場予想通りに他党の支持率が増加すれば、「エルドアン大統領の影響力の低下」を受けてトルコリラへの買いが入る可能性もあります』と示唆しています。

実際に地方選の結果は、エルドアン大統領率いる与党の候補が首都アンカラの市長選で敗北したようです。今週もトルコリラの動きに注目してまいりましょう。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研」の3月28日付「トルコリラ」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below