April 2, 2019 / 11:19 PM / 16 days ago

NYの視点:IMF、世界経済の見通し引き下げへ


*08:10JST NYの視点:IMF、世界経済の見通し引き下げへ
国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は世界経済の70%が2019年に成長が減速すると警告した。ただ、短期的に景気後退に陥ることは予想していないとした。世界の国内総生産(GDP)成長は1月以来勢いを失ったとの見解。1月には、2019年、2020年度3.5%成長を予想している。今後、IMFが見通しを引き下げる可能性を示唆した。

2019年の下半期にいくらか成長が改善し、2020年度に入ると見ている。米連邦公開市場委員会(FOMC)が次回の行動に慎重で辛抱強い方針を示すなど、主要中央銀行の金融政策や中国の景気底入れを目指す財政策が支援すると指摘。

しかし、下半期の回復は、貿易や英国の欧州連合(EU)離脱、金融市場の弱さがリスクになると加えた。

トランプ大統領はツィッターで、もし、FRBがインフレがほぼない環境下で間違った利上げをせず、量的引き締めをしなければ、今頃は3%成長が持続し、株式相場も現在の水準を大幅に上回り、世界市場もより良い環境だったに違いないと、FRBを再び非難した。ただ、パウエル議長の更迭は困難で、「付き合ていくしかない」と答えている。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below