April 4, 2019 / 10:42 PM / 3 months ago

NYの視点:FRB高官は2019年の米国経済2%成長を予想、依然利上げバイアス維持


*07:33JST NYの視点:FRB高官は2019年の米国経済2%成長を予想、依然利上げバイアス維持
米連邦準備制度理事会(FRB)のなかでも議長、副議長とともに権限のあるNY連銀のウィリアムズ総裁はニューヨークで4日に開催された非公式の銀行会合において国内総生産(GDP)の成長は軌道上にあり、景気見通しも「楽観的」との見方を示した。

3月6日のエコノミッククラブでの演説と類似する内容となった原稿で、失業率も低く、インフレ圧力もないと指摘した。長期の経済ファンダメンタルズの変化により、金利は90年代に比べて低くなる可能性が強いとの見解。利回り曲線は過去と同水準に戻る可能性は低く、この「ニューノーマル(新たな正常値)」が大中小の銀行に影響をもたらすとした。また、2019年の経済は2%と、潜在的ペースの成長を予想している。FRBは2つの責務「安定したインフレ」と「最大雇用」の達成に順調に向かっているとした。

トランプ米大統領は4日ツィッターで、FRBの不必要で有害な行動にもかかわらず米国経済が非常に強いと自信を表明すると同時にFRB批判を繰り返している。インフレもなく、国内の楽観的見方も非常に高いとし、利上げがなかったら、3%、4%成長が実現可能だったと主張。大統領やクドロー国家経済会議(NEC)委員長、また、FRB理事候補のムーア氏は、FRBの9月、12月の利上げは不要だったとの考えで、50ベーシスポイントの利下げを直ちに行うべきだと主張している。

2019年の連邦公開市場委員会(FOMC)の投票権を有するるハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、メスター・クリーブランド連銀総裁は4日の講演で、ウィリアムズ米NY連銀総裁と同様に2019年の成長が2%前後と見ており、当面政策金利を据え置くが依然利上げにバイアスを持っている。ただ、タカ派のハーカー総裁は経済の展開次第で利下げの可能性も完全に除外したわけではないと言及。また、メスター総裁も今回のサイクルで利上げが終了した可能性にも言及している。米金利先物市場では依然年内の利下げを60%織り込んでいる。米3月雇用統計で、さらに米国の経済状況を探る。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below