May 8, 2019 / 10:43 PM / 12 days ago

NYの視点:制裁関税引き上げに備える、米中貿易問題


*07:35JST NYの視点:制裁関税引き上げに備える、米中貿易問題
先週末に中国政府が米国に提示した米中貿易交渉の合意文書案で、中国側は全7章に修正を加え、これまでの交渉を白紙に戻すような内容だったと報じられた。また、知的財産・企業秘密の保護、技術の強制移転、競争政策、金融サービス市場へのアクセス、為替操作の分野で、米国が強い不満を示していた問題を解決するために法律を改正するとの約束も撤回。これを受けてトランプ大統領は週末ツイートで、10日に2000億ドル規模の中国製品に課す関税を25%に引き上げる方針を発表した。

一方で、中国政府は貿易協議で合意成立させる意向を米国に伝えており、交渉を指揮する副首相も9日からワシントンで開催される米中閣僚級貿易協議に参加する計画。同時に、もし、米国が10日に関税を引き上げたとしたら、必要な報復措置ととると強い方針も示している。

トランプ大統領も中国との貿易協定が成立した場合、米国経済の成長をさらに支援するが、内容がよくない協定で合意するつもりもなく、中国製品に課す関税を25%に引き上げることにより国家財政も潤う。景気が悪化し困るのは「中国」とし、どちらの結果でも満足するとの考えを示している。

JPモルガンのダイモンCEOは米国と中国が最終的に貿易協定合意する確率は90%と楽観的。ゴールドマンサックスは最新の顧客向けレポートの中で、米国が2000億ドル規模の中国製品への関税を25%に引き上げる確率は60%と見ている。ただ、残り3000億ドルに対する関税も引き上げる確率は25%と低い。

米中貿易協議がまとまらず貿易戦争の激化による最悪のシナリオで、S&P500種指数は10%ほどの下落が警戒されている。中国の株式相場も8%から12%下落する可能性が指摘されている。JPモルガンのレポートでは新たな関税が成長率を20ベーシスポイント下げ、インフレを引き上げると指摘。

インフレの上昇で、連邦準備制度理事会(FRB)が利上げに踏み切らざるを得なくなるとの意見もある一方で、成長の鈍化で利下げに踏み切ると見解は依然分かれたままだ。

■GSのアナリストレポート

米国が中国製品2000億ドルに課する関税を10%から25%に引き上げる確率:60%

追加の3000億ドルに関税を課す確率:25%
自動車関税の確率:10−20%


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below