May 14, 2019 / 2:30 AM / 2 months ago

株式市場は、米中通商問題を消化不良気味、SMBC日興証券(花田浩菜)


*11:28JST 株式市場は、米中通商問題を消化不良気味、SMBC日興証券(花田浩菜)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

5/14付の「DailyOutlook」では、米中通商問題について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『日経平均は、米中通商交渉を巡る攻防が激しさを増したことで10連休以降大きく下げた。これまでの追加関税の動きを振り返ると、18年3月にトランプ大統領が中国製品への関税賦課措置の発動を決定。その後、7月、8月、9月と3回にわたって追加関税を発動し、これに中国も対抗してきたが株式市場には悪材料出尽くし感が広がった』と伝えています。

続けて、5月10日の追加関税発動で同様の展開を想定していたが、株価が冴えないのは対中制裁第4弾を懸念しているからであろうとの見方を示し、『米国時間13日(取引終了後)に公表された第4弾では、対象を中国からのほぼ全ての輸入品に広げ、携帯電話やパソコンなどの消費財が多く含まれる。実際に発動するには最短でも6月末以降になるとみられ、それまでに交渉が進展する可能性もあるが、現状では消費者心理悪化による景気減速の度合いが大きくなるとの懸念を払拭しづらい状況にある』と分析しています。

さらに、『米中通商交渉は継続しており、トランプ大統領は6月のG20で中国と首脳会談を行う意向を示している。しばらく、両国の駆け引きを見極めようと株式市場は神経質な展開を余儀なくされそうだ。当面の下値目途として、昨年12月安値から4月高値(いずれもザラ場ベース)の半値押し水準である20,655円が意識される』とまとめています。

最後にレポートでは、『2018年以降の日経平均の推移』を紹介しています。詳しくは5/14付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below