June 5, 2019 / 3:58 AM / 3 months ago

中国のユニクロで新発売のTシャツに客が殺到 奪い合いなど大混乱


*12:50JST 中国のユニクロで新発売のTシャツに客が殺到 奪い合いなど大混乱

中国のユニクロが3日に発売したTシャツを求め、各店舗に顧客が殺到した。Tシャツの奪い合いから乱闘にまで発展し、マネキンからTシャツを剥ぎ取る客もおり、店内は大混乱となった。

新発売されたのは、同社ブランド「UT」が現代アーティストのカウズ(KAWS)とコラボレーションしたTシャツ「カウズ:サマー(KAWS:SUMMER)」

中国紙・北京青年報などによると、各地のユニクロ店舗前には、3日早朝にすでに列ができていた。営業時間が始まると、ショッピングモールの入り口からユニクロ店舗まで激走する人もいれば、店のシャッターが完全に上がっていないにもかかわらず地面を這うようにしてくぐり、無理やりに店に入ろうとする人もいた。さらに、Tシャツの奪い合い、客同士の殴り合い、マネキンや商品棚の破壊行為などもみられた。

中国メディアは、3日の国内ソーシャルメディア上では、この大混乱の様子を写した動画や投稿で埋め尽くされたとした。

客の一人は中国メディアに対して、「カウズがディオールとコラボしたTシャツは1000元(約1万6000円)以上の値段がするが、ユニクロのこの商品は100元(約1600円)もかからないから、みんなが殺到した」と話した。

ユニクロはカウズとコラボしたTシャツを3年連続で販売しており、今年が最後のコラボとなる。

ネット上でも、同コラボTシャツへの需要が高まっている。中国のユニクロのオンラインショップでは3日午前零時、販売を開始したが、わずか数秒で完売した。また、ネットではTシャツの転売がすでに行われている。実体店舗の販売価格が99元(約1584円)のところ、転売価格は5倍の499元(約7984円)となった。

一部市民から「党が反米・反日を呼び掛けているのに、Tシャツを奪うなんて党のメンツが丸つぶれになった」「あの大混乱を見て、政府系メディアが扇動すれば、中国人が日・米・韓・加(カナダ)の商品をボイコットすると誰が信じるものか?」との声もあった。

一方、ユニクロは7日、日本で「カウズ:サマー(KAWS:SUMMER)」を販売する予定。

(翻訳編集・張哲)



【ニュース提供・大紀元】



《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below