June 12, 2019 / 12:14 AM / 6 days ago

コラム【アナリスト夜話】:老後資金不足=2000万円は本当か?(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)


*09:07JST コラム【アナリスト夜話】:老後資金不足=2000万円は本当か?(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)
先週の金融庁の金融審議会が、老後資金は一世帯あたり2000万円不足するという試算を出し、ネット等で炎上しています。

実はこの金額、全くサプライズはないはずです。昨年行われた金融広報中央委員会のアンケート調査1でも、全銀協の調査2でも 、必要となる老後資金は今回の試算とほぼ同じ2000万円強でした。それでも、年金制度を担う行政側が公式に不足額を示すなら、確かに若干配慮が必要だったかもしれません。

ただ、現実はやはり厳しく、60歳代の二人以上世帯の金融資産保有額の中央値はちょうど1000万円です(2018年)。従って、いくら金融庁をディスっても、このままでは、老後の収支でアシが出る可能性が高いことは否めません。

一方、日本の場合、金融資産とは別に、それと同額に近い住宅資産(借金を差し引いた純額)を保有しています。金融資産との対比では米国より1~2割程度高くなっています3。ところが日本では、米国とは異なり、中古住宅市場も小さく、リバースモーゲージなど住宅を使って資金を手にするような仕組みも殆どありません。従って、今のところ固定されている住宅資産を生かすことが極めて難しくなっています。背景には、銀行が中古住宅のリスクを取りたがらないことがあります。

この低金利ですから、貯蓄から資産形成へというスローガンも重要だと思います。ただ、日本の市場環境は相変わらず読みが難しい一方、老後資金の問題は待った無しの状況です。視野を広げて、政府も銀行も、個人の住宅も含めた資産全体の活かし方を改めて考えてみることが必要だと思います。

マネックス証券 チーフ・アナリスト 大槻 奈那
(出所:6/10配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より、抜粋)





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below