June 18, 2019 / 10:40 PM / in 5 months

NYの視点:投資家は2019年利下げを予想、6月FOMCでのタカ派色はサプライズに


*07:36JST NYの視点:投資家は2019年利下げを予想、6月FOMCでのタカ派色はサプライズに
米連邦準備制度理事会(FRB)はワシントンで18日から19日にかけて連邦公開市場委員会(FOMC)を開催する。FRBはこの会合で、政策金利を据え置くと見られている。しかし、声明で「辛抱強い」との文言を削除し、7月の利下げを示唆すると見られている。今回の会合では同時に、FOMCの最新予測が公表されるほか、パウエル議長の会見も予定されており、さらなる利下げの可能性が示唆されるかどうかに焦点が集まる。7月の利下げがほぼ100%織り込まれているため、何らかのタカ派要因はサプライズとなる。

FOMC開催を控えて経済専門局のCNBCが実施した世論調査によると、回答者の67%が年内の利下げを予想していることが明らかになった。利下げ回数の平均予想は1回。米10年債利回りの予想では年末2.35%で、本年1月調査での予想3.03%から大きく引き下げられた。2020年12月は2.5%で、やはり1月の3.17%を大幅に下回った。

関税による影響では、物価を引き上げる:78%、経済を弱める:89%といずれも半数を上回っている。また、国内総生産(GDP)の成長率を0.2%ポイント引き下げると見ている。

◎CNBC Fed調査

■FRBの2019年の金融政策予想
利下げ:67%
金利据え置き:22%
利上げ:11%

平均的な利下げ回数:1回

■米10年債利回り(現在2.04%)
12月:2.35%(1月3.03%)
2020年12月:2.5%(1月3.17%)

■2019年GDP、CPI見通し
GDP:+2.2%
CPI:1.9%
失業率:3.7%

■関税による影響
関税が物価を引き上げる:78%
経済を弱める:89%
GDP、−0.2%


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below