June 26, 2019 / 12:22 AM / 22 days ago

コラム【アナリスト夜話】:ビットコイン1万ドル超えでも越えられない『心の壁』(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)


*09:18JST コラム【アナリスト夜話】:ビットコイン1万ドル超えでも越えられない『心の壁』(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)
先週土曜日はマネックスグループの株主総会でした。その後の恒例の「説明会」で、私からは暗号資産(=仮想通貨)のお話をさせていただきました。

実は、前日の金曜日に「ビットコイン=1万ドルが次の節目」とレポートしたのですが、その「節目」は翌日、総会の朝にあっさり超えてしまいました。その後も上昇が続き、金曜日夕方以降の上昇率は一時15%を超えました。FATFの規制(マネロン対策など)が発表され不透明感が後退したこと、ロシアで暗号資産が合法化されるかもとの観測記事が流れたことなどが効いたようです。

それでも、暗号資産に対する「いかがわしいもの」という観念は依然根強いままです。我々の5月末から6月初頭の個人投資家アンケートでも、暗号資産は保有したくないと回答した人の半数が、「市場で、怪しいという先入観が強いから」ということを理由に挙げています。

デジタル資産は人類初の試みですから、当然の見方でしょう。人間の心は、技術等の進化に対し、変化の速度がはるかに遅いとされます。タクシーCMで、上司が見事なヒラメ筋を見せつけつつ「足で稼ぐ!それが営業だ!」と新人に説教する、それをスマートなテレマーケティングと対比する、というものがあります。大げさですが、新旧世代の考え方の違いを案外上手く表現している気がします。

しかし、実用化された後の新技術は急速に世の中を変えていきます。ブロックチェーン技術も、もし、フェイスブックが発表した新通貨Libraが実用化された場合、これまでとは全く異なる通貨の世界を見せてくれる可能性があります。これらをどこかで受け入れないと、大きな変化の流れに遅れていってしまうかもしれません。

新しいツールの使い方をマスターするのも大事ですが、それ以上に大切なのは、技術の変化に対し心をアップデートすることかもしれません。ビットコイン価格の「次の節目」を翌日に更新されてしまった心の弱さへの自戒も含め、肝に銘じたいと思います…

マネックス証券 チーフ・アナリスト 大槻 奈那
(出所:6/24配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より、抜粋)





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below