July 3, 2019 / 12:25 AM / 17 days ago

コラム【新潮流2.0】:ツイッターで炎上したことがある(マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆)


*09:22JST コラム【新潮流2.0】:ツイッターで炎上したことがある(マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆)
◆以前に、ツイッターで炎上したことがある。なんでそんなことを思い出したかというと、例の「年金2000万円問題」である。金融庁の報告書は極めて真っ当なことを書いているのだけれど、その伝え方が「上から目線」だと叩かれた。僕のケースも「上から目線」が炎上の原因だった。まさに「伝え方が9割」である。

◆この騒動が持ち上がってからというもの、僕の周囲でもやたら盛り上がりを見せている。テレビのワイドショーに呼ばれたとか、昔書いた資産運用本の売り上げが急増したとか、年金問題さまざまである。まさに炎上商法、ならぬ便乗商法だ。しかし、経済的損得を抜きにして、誰が一番「炎上」の恩恵にあずかれたかと言えば、当の金融庁に他ならない。なぜなら「結果的に」伝えたいメッセージを大々的に世間にアピールできたのだから。初めから炎上することを狙ってた?とみるのは穿ち過ぎか。

◆この騒ぎによって多くの議論が巻き起こったが、実際的な結論は、iDecoやNISAのより一層の普及を促すものである。ただ、問題はその使い方にある。確定拠出年金(DC)の資産構成は、企業型DCでは、預貯金や保険商品などの元本が保証される商品が5割超を占め、個人型DC(イデコ)に至っては、元本確保型商品の割合は6割だ。これでは非課税メリットや複利効果を活かせず長期的な資産形成に結びつかない。効果的な資産配分について、ここはもう一度、「炎上商法」でアピールしてみたらどうだろう。

◆僕のツイッターの炎上騒ぎはネットでも拡散され、当時小学校の高学年になってネットをブラウジングし始めた娘も目にすることになった。「パパ、もう炎上しないで」と言われた時には、幼い娘にショックを与えてしまったかと心が痛んだが、「炎上するくらいどうってことない。ホリエモンも言ってるじゃないか、『炎上されるものになれ』って」と強がりを言った。すると娘いわく、「パパ、『炎上されるもの』って、文法的におかしくない?」。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆
(出所:7/1配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より抜粋)





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below