July 26, 2019 / 2:49 AM / 4 months ago

エレキ決算は回復感なくとも悪化でなければポジティブ、SMBC日興証券(花田浩菜)


*11:43JST エレキ決算は回復感なくとも悪化でなければポジティブ、SMBC日興証券(花田浩菜)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

7/26付の「DailyOutlook」では、エレキ関連銘柄について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『主要企業の4-6月期決算発表が本格化している。前半は半導体、電子部品、FA(工場自動化)などエレキ関連の主要銘柄の発表が続く。24日引け後に信越化(4063)と日電産(6594)が20/3期1Q決算を発表。営業利益は、信越化が直前のQUICKコンセンサス予想を大幅に上回り前年同期比で増益、一方の日電産は大幅に下回る減益となった。しかし、結果を受けた25日の終値は、信越化が7.2%上昇、日電産が4.6%上昇と、いずれも比較的高い上昇率となった。両社とも、前年同期比でなく、19/3期4Q(1-3月)と1Qの比較で、営業利益が改善したことは共通している』と伝えています。

続けて、業績に回復感は余り出ていないが、想定以上の悪化、といったサプライズがなければ、ポジティブに株式市場は受け止めているようであるとして、『当面の株価を左右するのは、20/3期1Qの実勢(構造改革費用などの一時費用計上や季節要因を除く)が、19/3期4Qに対して「悪化していないことが確認されるか」とみる。本日26日発表ではキーエンス(6861)や東エレク(8035)、来週前半の発表ではソニー(6758)や村田製(6981)などの1Q改善度に注目したい。また、1Q実績は、まだ不確定要因が多い20/3期通期の見通しにも影響を与えるとみられる』と分析しています。

さらに、『直近の減額傾向が修正される可能性も出てこよう』とまとめています。

最後にレポートでは、『エレキ関連主要銘柄の予想営業利益増減率』を紹介していますので、詳しくは7/26付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜



《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below