July 31, 2019 / 12:09 AM / in 22 days

南アランド円相場は戻り売りが優勢か サンワード貿易の陳氏(三井智映子)


*09:00JST 南アランド円相場は戻り売りが優勢か サンワード貿易の陳氏(三井智映子)
皆さん、こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の気になるレポートです。高金利、高スワップの資源国通貨として人気の南アフリカの通貨ランド。南アフリカの中央銀行である南アフリカ準備銀行は、7月16-18日に開かれた金融政策委員会で政策金利を0.25%引き下げ6.5%としました。今日は南アランドのレポートをご紹介します。

テクニカルマイスターでは、まず先週の南アランド円が下落したことについて、要因として『6月消費者物価指数(CPI)は市場予想を上回り、インフレが抑制されていないことが判明』、『25日、米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが、政府が国営電力会社エスコムに対する追加の金融支援を提案し』、『格付け会社フィッチは26日、南アフリカの信用格付けに対する見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げた』ことを挙げています。

格付け会社フィッチによると、『国営電力会社エスコムへの支援拡大などで財政状況が圧迫されている』ということで、『今会計年度の一般政府赤字は対国内総生産(GDP)比で前年度の4.2%から6.3%に拡大』、『「2019年のGDP成長率の下方修正も南アの潜在的なGDP成長率に新たな疑問を投げかける」』としているようです。

今週の南アランド円については、『戻り売りが優勢』と予想しており、『エスコムの救済に多額の資金が必要だが、債務の拡大も懸念され南アの財政が一段と悪化する可能性がある。格付け会社ムーディーズは唯一、南ア債をジャンク級にしていないが、今後は格下げを行う可能性も有り得る』と示唆しています。

加えて、『エスコムのハデベ最高経営責任者(CEO)は31日に辞任するが、後任者はまだ不明で、エスコム改革の前途は不透明』と伝えています。

参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の7月30日付「南アランド円相場、先週の動き・今週の予想」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below