August 15, 2019 / 8:23 AM / 6 days ago

高金利通貨南アランドの下落要因とは サンワード貿易の陳氏(三井智映子)


*17:15JST 高金利通貨南アランドの下落要因とは サンワード貿易の陳氏(三井智映子)
皆さん、こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の気になるレポートです。先週の南アランド円は3週連続での下落となりました。今後の値動きはどうなっていくのでしょうか。今回は、南アランドのレポートをご紹介します。

テクニカルマイスターでは、南アランド円の下落要因として米中貿易戦争激化の懸念を挙げており、『米中貿易戦争は、新興国通貨も押し下げ、南アランド円は対円で1月3日のフラッシュクラッシュ時の安値を割り込み、2016年7月15日以来の水準まで下落した』と分析しています。

また、『南アフリカ6月製造業生産は前年比−3.2%、前回+1.0%、予想+1.7%と前回、予想よりも悪い内容』であると示唆しています。南アフリカの国営電力会社エスコムの損失が過去最大となっていることも南アランドの下落要因ですが、『格付け会社ムーディーズは、南アフリカの国営電力会社エスコムについて、資本構造が持続可能でないため、直ちに改善計画が必要との見解を示した』と解説しています。

今週の南アランド円については、『上値の重い展開が続きそう』と考察。その背景について『米中通商協議が難航し、貿易面で中国依存が強い南アフリカにとってはネガティブな状況が続くことになろう』と紐解いています。

加えて、南アフリカ経済については、『格下げ懸念、史上最悪水準の高失業率、国営電力会社エスコムの経営問題、財政悪化などの問題点』が多いと分析しています。

参考にしてみてください。

上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の 8月14日付「南アランド円、先週の動き・今週の予想」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below