August 20, 2019 / 2:36 AM / a month ago

TOPIXの予想EPSはそろそろ下げ止まりか、SMBC日興証券(花田浩菜)


*11:33JST TOPIXの予想EPSはそろそろ下げ止まりか、SMBC日興証券(花田浩菜)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

8/20付の「DailyOutlook」では、TOPIXの予想EPSについて考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『TOPIX(東証株価指数)の12ヵ月先予想EPS(IBES予想)は下落基調が続いている』と伝えています。

続けて、今回のEPS下落局面は2018年11月から始まっており、既に10ヵ月目に入ってきたことを挙げ、『この予想EPSは2018年からの推移と2015年からの推移が良く似た軌跡を歩んでいる。2015年10月から始まった下落局面は2016年8月までの約11ヵ月間で終了しており、今回の下落局面もそろそろ下げ止まりとなるのではないだろうか。株価は予想EPSの推移だけで動くわけではないものの、予想EPSが下げ止まり、反転することは株価上昇の大きな要因となる』と分析しています。

さらに、『ウォール街には「5月に株を売れ」という相場格言がある。この相場格言に従って日本株も売られるわけではないだろうが、今年は5月の連休明けから、2016年も4月末から株価が調整に見舞われた。もっとも、この相場格言には続きがあり、「9月に戻ってくるのを忘れるな」という。2016年は11月の米大統領選挙の結果を受けて乱高下の後に急上昇したが、株価の上昇トレンドはそれ以前から始まっていた。今年も9月に投資家が戻ってくることを想定、先回りしてポジションを組んでおきたい』とまとめています。

最後にレポートでは、『TOPIX12ヵ月先予想EPSの推移比較』を紹介していますので、詳しくは8/20付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜



《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below