September 4, 2019 / 12:08 AM / 13 days ago

トルコリラは保ち合いで推移か サンワード貿易の陳氏(三井智映子)


*09:02JST トルコリラは保ち合いで推移か サンワード貿易の陳氏(三井智映子)
皆さん、こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の気になるレポートです。先週はトルコリラがフラッシュ・クラッシュを起こしましたね。 そこで、今回は気になるトルコリラについてのレポートをご紹介します。

陳さんは「テクニカルマイスター」で、先週のトルコリラ円の値動きについて、『先週のトルコリラ円は週初めに16円06銭まで急落したが、週末には18円台前半に戻した。26日のトルコリラは約1%安。日本のトルコリラの買いポジションにストップロスが入り、「フラッシュ・クラッシュ(瞬時の急落)」が起きた』と紐解いています。

その背景については、トルコ中央銀行が『先週19日、融資の伸び率が10-20%の銀行に対する預金準備率を引き下げると発表』したことで、『融資が急激に拡大する可能性への懸念が浮上した』ことや『シリア情勢を巡る懸念もリラの重石になっていた』ことを挙げています。

今週のトルコリラ円の見通しについては、『保ち合いで推移しそう』と考察。『米連邦準備制度理事会(FRB)による利下げの好影響よりも、米中の貿易対立激化を受けた世界景気の先行き不透明感が新興国通貨の下げ圧力となっている』ため、『新興国通貨には売り圧力が継続しそう』であると分析しています。

7月の米利下げで米国と金利差縮小したものの、新興国への資金流入は進んでおらず、『リスク回避による新興国通貨売りが継続している』とのことで、『世界景気減速の懸念が大きく、リスクの高い新興国通貨への投資は控えられているようだ』と考察しています。

また、トルコ統計庁が2日に発表した第2四半期GDPは前年同期比1.5%減と、前年比で3期連続の減少となりました。

今週については、『国内総生産(GDP)とインフレ率の発表がある。いずれも前回よりも改善の見込みで、9月会合の利下げを後押しすることになりそうだ』と述べています。9月19日のトルコ中銀の政策委員会の行方を左右する経済指標にも着目していきたいですね。

上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の9月3日付「トルコリラ円、先週の動き・今週の予想」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below