September 9, 2019 / 10:42 PM / 13 days ago

NYの視点:米中貿易協議の進展期待、米国のレバレッジさらに高まる


*07:37JST NYの視点:米中貿易協議の進展期待、米国のレバレッジさらに高まる
中国の8月貿易黒字は+348.4億ドルと、黒字幅は予想を下回り4月来で最低となった。輸出は前年比‐1.0%と、予想外の減少に落ち込んだ。輸入は前年比—5.6%と、4カ月連続のマイナス。関税が中国の貿易に響いている明確な証拠となった。

米中貿易戦争が深刻化。米国政府は9月1日から新たに対中製品に関税を課した。8月の中国の貿易指標にはまだ、この新関税の影響は反映していないことになる。今後の貿易交渉次第では、米国政府は対中輸入関税率の引き上げやまた、年末までに全中国輸入品に関税を課す方針をすでに発表しており、中国の貿易関連指標が一段と悪化する恐れがある。同国が輸出依存型経済であることから、貿易活動の鈍化はすでに27年ぶりの低水準に落ち込んだ同国の成長ペースをより鈍化させる危険がある。

米国のムニューシン財務長官は10月の閣僚級米中貿易交渉開催を控えて、協議が大きく前進したことを明らかにした。また、中国の劉鶴副首相が率いる交渉団が10月ワシントンを訪れることは、「誠意のしるし」と加えた。確かに、米中貿易協議が再開されること自体でもプラス材料と考えられる。中国の貿易には関税の影響を大きく受けている証拠が出る中、1年以上続いている米中貿易戦争は米国経済に全く損害を与えていないと、長官は主張。近い将来、米国経済が景気後退に陥る可能性も否定した。中国や欧州など、世界経済で成長減速が見られることは明らかだが、米国経済は唯一の明るい場となっていると指摘。

香港で続いている混乱は鎮静化するどころか、深刻化の危険もあり米中貿易にも影響を与えかねない。米国のレバレッジが一段と拡大することになる。中国が協議を再開する意向を見せたことや北朝鮮も「今月下旬の米朝実務協議の再開に意欲を見せた」ことでも裏付けられる。

10日に発表される中国の8月消費者物価指数(前年比予想:+2.7%、7月:+2.8%)、8月生産者物価指数(前年比予想:-0.9%、7月:-0.3%)で中国国経済の動向をさらに探る。



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below