September 17, 2019 / 7:09 AM / in a month

東京ドバイ原油に対する売り参戦も一考か サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


*16:04JST 東京ドバイ原油に対する売り参戦も一考か サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
皆さん、こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の気になるレポートです。サウジアラビアの石油施設が攻撃を受け、親イラン武装組織フーシ派が犯行声明を出したと報じられており、中東情勢を巡る地政学リスクへの警戒感が相場の重しとなっていますね。原油相場の急騰が世界経済への先行き不透明感に繋がっています。そこで、今回は気になる原油相場についてのレポートをご紹介します。

松永さんのブログ「松永総研」では、まず16日にブレント原油の価格が急騰したことについて、『週明けのブレント原油が近年最大の上げ幅となった事を受けて、原油市場がパニック的な状況となりました』と述べています。その背景について、『イエメンの反政府武装組織であるフーシ派が14日、サウジアラビアの石油井施設2カ所にドローン攻撃を行いました。それを受けてサウジアラビアの原油生産の半分ほどにあたる日量570万バレルの原油生産が停止しました』と伝えており、供給不足が懸念されているようです。

また、『攻撃を受けたアブカイク石油施設の原油生産が50%を回復するまで数週間ないし数カ月かかる見通しだとの関係者からのコメントが伝えられております』と説明しています。しかし、『今年の世界の原油需給は、今回のサウジアラビアでの大幅減産でも、現在の供給過剰から供給不足に転じる可能性は低そうです』とのことで、『しかも、トランプ大統領が石油戦略備蓄の放出を承認しただけになおさらです』と考察しています。

と言いますのも、世界最大の産油国となった米国の『米石油戦略備蓄は、この10年間で1割程度しか減少しておりません』とのことで、米石油戦略備蓄の重要性の低下から、『今回のタイミングは、石油戦略備蓄を放出する絶好のタイミングとなりそうです』と分析しています。加えて、『今年の世界の原油需給が現在の供給過剰から供給不足に転じる可能性も低そうですから、ここは東京ドバイ原油に対する売り参戦も一考かもしれません』と指摘しています。

参考にしてみてください。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の9月17日付「原油市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子



《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below