September 24, 2019 / 10:39 PM / in 23 days

NYの視点:米国の消費に陰りも、成長維持も可能


*07:33JST NYの視点:米国の消費に陰りも、成長維持も可能
コンファレンスボードが発表した9月消費者信頼感指数は125.1と、予想133.0を下回り8月134.2から9.1ポイント低下し6月来の低水準となった。内訳で現況は169と、8月176.0から低下した。期待値は95.8と8月106.4から低下し、低下幅は株式相場が急落した2018年12月以来で最大となった。消費に陰りが出てきおり下半期の成長に影響を与える可能性がある。

また、雇用に関しての質問で「十分」との答えは3カ月ぶりの低水準となるなど、雇用がピークをつけた可能性を示す新たな証拠となった。

■米9月消費者信頼感指数
125.1:予想133(8月134.2)
現況:169(8月176.0)
期待値:95.8(8月106.4)

雇用
十分:17.5(8月19.9)
不十分:15.7(13.7)
変わらず:66.8(66.4)

貯蓄率8.1%と、信頼感の乖離は拡大傾向で、2000年、2007年以来の最大となっている。この乖離幅がリセッションを示唆しているとの指摘も見られる。ただ、FRBが大規模な緩和を供給し続け、トランプ政権も景気後退を回避するために刺激策を維持し、株式相場が上昇を続ければ、信頼感も上昇を続ける。

コアの消費状況が悪化しても、低い失業率、高い貯蓄率で消費が継続するため第3、第4四半期GDPでも1.8%、1.7%の成長が可能だと見られている。実際、信頼感指数が急速に悪化する兆候となる現況と期待値の逆転はまだ見られず、指数がまだピークをつけていない証拠となる。



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below