October 10, 2019 / 1:59 AM / 6 days ago

米中西部に降雪予報でシカゴコーンが急騰 サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


*10:49JST 米中西部に降雪予報でシカゴコーンが急騰 サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
皆さん、こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の気になるレポートです。今日は8日に急伸、9日も値を伸ばしているトウモロコシ市場についてのレポートをご紹介します。

レポートではこの値動きについて、『昨夜のシカゴ穀物市場では、降雪予報を受けてシカゴコーンとシカゴ大豆、シカゴ小麦がそろって上昇しました』と分析しています。米中西部に降雪予報が出た模様です。

気象学者によると米国穀倉地帯の最も北側である『サウスダコタやノースダコタ、ミネソタの各州に最大1フィート(約30cm)の降雪の可能性があり、収穫遅れに拍車をかける恐れがある』とのことで、『ACCUウエザーによるノースダコタの天気予報では、10月10~12日の最低気温がマイナス1~2℃まで低下して降雪が予想されております』、『次の降雪予報は11月18日となっております』と伝えています。

また、サウスダコタやノースダコタ、ミネソタにおけるトウモロコシの収穫終了時期は、『例年通りであれば11月中ごろとなります』とのことで、『実際に30センチほどの降雪があれば、サウスダコタやノースダコタ、ミネソタでの穀物生産高が減少する事になります』と考察しています。

参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の10月9日付の「トウモロコシ市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

三井智映子の「気になるレポート」は各種レポートを三井智映子の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子



《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below