November 6, 2019 / 10:36 AM / in 13 days

「メトカーフの法則」では2022年BTC予想は4.5万ドル?【フィスコ・ビットコインニュース】


*19:29JST 「メトカーフの法則」では2022年BTC予想は4.5万ドル?【フィスコ・ビットコインニュース】
暗号資産の価値を探る方法として、「メトカーフの法則」がある。メトカーフの法則とは、「ネットワーク通信の価値は、接続されているシステムのユーザ数の二乗(n2)に比例する」というものである。電話やインターネットなどネットワークの価値は繋がるモノが多ければ多いほど価値が向上するという意味合いで、電話を例に挙げると、世界で2人しか使用していなければ、「1対1」の繋がりしかなくネットワーク価値は限定される。一方、世界中で電話を使用する人が多い状況となれば、「ユーザ数×ユーザ数」という計算が可能でネットワーク価値は膨れ上がるわけである。この法則にビットコインのアドレス数を用いてフェアバリューを予測した結果が、下記の通りである。

〇2019年10月31日時点のユニークアドレスをベースに、3つのシナリオで計算「Neutralシナリオ(年率10%増加)」「Upperシナリオ(年率30%増加)」「Underシナリオ(年率10%減少)」

「Neutralシナリオ(年率10%増加)」
・2020年予想・・・11,344ドル
・2021年予想・・・13,726ドル
・2022年予想・・・16,609ドル

「Upperシナリオ(年率30%増加)」
・2020年予想・・・15,844ドル
・2021年予想・・・26,777ドル
・2022年予想・・・45,252ドル

「Underシナリオ(年率10%減少)」
・2020年予想・・・7,594ドル
・2021年予想・・・6,151ドル
・2022年予想・・・4,982ドル

一方、ユニークアドレスの推移を確認すると、2017年12月をピーク(100万件台)に40万件から60万件水準での横ばいとなっている。今年6月頃、70万件水準まで増加する場面がみられたが、夏以降は40万件から50万件まで減少している。ビットコインが誕生して以降、右肩上がりで増加していたユニークアドレスだが、足元の横ばい推移の状況では、メトカーフの法則を用いた価格予測は面白味に欠けた内容となる。



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below