November 6, 2019 / 4:15 AM / 15 days ago

コラム【新潮流2.0】:身の丈(マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆)


*13:10JST コラム【新潮流2.0】:身の丈(マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆)
◆萩生田光一文部科学大臣の「身の丈」発言が波紋を呼び、民間英語試験の導入は延期されることになった。この問題、論点はいくつもある。だが、あえて二つに絞れば、ひとつ目の問題は「教育格差」だ。親の収入と子供の学力の間には明確な相関がある。裕福な家庭は塾だ家庭教師だと子供の教育にお金をかけられるが、貧しい家庭はそうもいかない。

◆しかし、この「教育格差」の問題は、突き詰めれば「経済格差」の問題の一部であり、それこそアメリカをはじめ世界中で問題になっていることだ。世界の格差に比べれば日本の格差はかわいいものである、などと書いたら批判されるだろうか。

◆もうひとつの問題は「言葉の使い方」だ。萩生田氏の用法は明らかに誤用である。「身の丈」という言葉は、「身の丈に合った暮らしをする」などのように使い、無理に背伸びをせず分相応に、という意味だ。受験という、もっとも公平性を期すべき制度の問題で、ハンディキャップのある受験生に向かって言う言葉ではない。

◆「身の丈に合う」は投資の世界では使える。「身の丈に合った投資をおこなう」である。換言すれば自身のリスク許容度をわきまえるということだ。以前にこんな相談を受けたことがある。「株式投資をしていると怖くて夜も眠れません。どうしたらよいでしょうか?」これは僕の意見ではなく、JPモルガンの創始者であるジョン・ピアモント・モルガン氏の言葉です、と前置きしてこう伝えた。「夜眠れなくなるほど、株を持つな。」

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆
(出所:11/5配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より抜粋)





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below