November 18, 2019 / 10:41 PM / 24 days ago

NYの視点:ドイツ政府は均衡予算の方針をすみやかに撤回すべき


*07:38JST NYの視点:ドイツ政府は均衡予算の方針をすみやかに撤回すべき
報道によると、ドイツ産業連盟(BDI)とドイツ労働総同盟(DGB)が共同声明を発表し、連邦予算の優先事項について考え直し、公共投資を大幅に増やすよう政府に要求したもようだ。ドイツ経済省は先週14日、「国内経済は依然として低迷しており、回復の兆しは見られない」と表明し、「ドイツ企業は今後数四半期、輸出の回復を予想していない」と指摘している。

地元メディアによると、BDIのケンプ会長は「公共投資を増やすことは、リセッションの症状と闘うというよりも、低成長の根深い原因に対処するということ」、「政府には長期にわたる繁栄と雇用を確保し、ビジネスの拠点としてのドイツを維持し、改善する責任がある」との見方を示しているようだ。ケンプ会長は政府に対し、デジタル、交通インフラへの公共投資を増やすべきだと伝えたもよう。DGBのホフマン議長は、「長期的な公共投資プログラムが、ドイツの成長モデルとともに高賃金の雇用を持続可能にする唯一の方法」と主張している。

市場関係者の間では「ユーロ圏諸国の製造業活動は停滞気味であり、この状況を改善するためにドイツ政府は均衡予算の方針を撤回し、財政支出をすみやかに拡大する(公共投資の拡大)必要がある」、「おそらく欧州中央銀行の理事会メンバーの多くも同じことを考えているはず」との声が聞かれている。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below