December 18, 2019 / 11:09 PM / a month ago

NYの視点:米リセッション懸念が後退、米債利回り曲線がスティ—プニング


*07:59JST NYの視点:米リセッション懸念が後退、米債利回り曲線がスティ—プニング
米国債券相場で一時織り込まれていた米国経済の景気後退入りリスクが後退しつつある。本年の8月には長短金利差の逆転が一段と深刻化。8月時点で、2年債と10年債の利回り差は‐6.6となった。マイナスの差は2007年6月以来で最大となった。

その後、米中貿易問題が少なくとも一段と悪化する可能性が少なくなったことや、英国総選挙での与党勝利で速やかな合意ない英国の離脱リスクも軽減したため景気先行き見通しが少しづつ改善。逆転していた長短金利差も正常化に戻し、18日は2年債と10年債利回りはプラス29.38と6月来で最大のプラスとなった。

米中は「第1段階」貿易協定で合意。トランプ政権は対中追加関税発動を見送ったほか、一部の関税を引き下げた。このため、一段の製造業セクターの悪化はまぬかれると期待されるほか、11月の雇用統計の結果は米国の労働市場が引き続き力強い証拠を示し、消費が今後の成長を支えていく可能性が期待されている。米連邦準備制度理事会(FRB)の高官の多くは2020年の1年間通じて、政策金利が据え置かれると予想している。



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below