December 25, 2019 / 12:24 AM / a month ago

コラム【アナリスト夜話】:加速する『新たな地政学』のタネ(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)


*09:15JST コラム【アナリスト夜話】:加速する『新たな地政学』のタネ(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)
先週成立した米「国防権限法」では、“宇宙軍”の発足が話題になりましたが、その裏で中国への対策も目立ちました。そこに新たに盛り込まれたのが、「中国の北極圏での活動を注視する」という項目です。

近年、北極圏を巡る覇権争いが熱気を帯びています。この地域には、世界のLNGの3割、石油の13%が眠っており、日ロの1兆円を超えるプロジェクトも始動しています。

海底資源と並んで注目されるのが「北極海航路」です。今年の10月、中国船が欧州から苫小牧港までの運行実験に成功しました。実用化されれば、欧州との輸送距離を3-4割も圧縮できるため、中国は、北極海航路を「氷上のシルクロード」と名付け、開発に注力しています。韓国もこの航路への文大統領が期待をにじませる発言を行っています。北極圏では、他の地域の2~3倍の速度で温暖化が進んでいることが、こうした思惑を刺激しているようです。

一方、温暖化を歓迎するような戦略への批判も否めません。先月、ナイキは、温暖化に反対するため、北極海航路は使わないと宣言しました。今月上旬には、その名の通り北極圏に生息するホッキョクグマが、餌を求めてよろよろと700キロを大移動してきた姿が世界の同情を集めています。

とはいえ、中国の北極海ルートが実現すれば、日本の至近距離を通過することになります。海洋国日本としては、環境問題には配慮しつつも、動きを加速せざるを得ないでしょう。新たなリスクであるとともに、興味深い機会が拡大しそうです。

マネックス証券 チーフ・アナリスト 大槻 奈那
(出所:12/23配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より、抜粋)





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below