December 26, 2019 / 11:03 PM / 6 months ago

NYの視点:米国の年末商戦は好調予想、オンラインセールスがけん引


*07:54JST NYの視点:米国の年末商戦は好調予想、オンラインセールスがけん引
米国の年末商戦は引き続き好調であることが想定値で確認された。Masterccard spendingpulseによると、11月1日からクリスマスイブまでの小売販売が前年同期に比べ3.4%増となった。同社はオンライン、店舗を含め、自動車を除く支払いの統計をとっている。特にオンライン販売が同期比18.8%増と前年の伸びを上回り大幅な伸びを記録、全体の伸びをけん引。店舗販売は1.2%増にとどまった。マスターカードのシニアアドバイザーは、イーコマースの売り上げが過去最高を記録したと指摘。アマゾンも強い売上だったと発表している。

■全般的な年末商戦でのイーコマース売上:前年比+18.8%(2018年+18.4)
(Masterccard spendingpulse)

コンサルティング会社のプライスウォーターハウスクーパース(PWC)は年末商戦で2.7%増を予想。全国小売連盟(The national retail federation) は4%増を予想している。米国の強い経済、労働市場が消費を支えると見ている。

同時に、クリスマス休暇明けでギフトのリターンなども増え、過去最大規模に上る見通しであることはマイナス材料となる。オンラインのリターンは416億ドル。500億ドルの収益減となる。また、オンラインと店舗、両方のリターンは1000億ドルにのぼり、前年比では10%増となる見込み。

2018年のマスターカードの統計でも年末商戦での順調な伸びが示されたが米商務省が発表した昨年12月の小売りは予想外のマイナスに落ち込み景気見通しが大幅に悪化した。本年も油断は禁物だ。



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below