January 6, 2020 / 5:35 AM / 7 months ago

中東の緊張が高まるなか、原油価格が急騰 サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


*14:30JST 中東の緊張が高まるなか、原油価格が急騰 サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
皆さん、明けましておめでとうございます。フィスコマーケットレポーター三井智映子の気になるレポートです。先週、米軍がイラクの首都バグダッドの空港でイランのコッズ部隊のソレイマニ司令官を空爆で殺害、イラン要人からはその報復を示す発言が相次いでおり、中東情勢の緊迫化を受けて株式市場は売りが先行、原油価格が急騰しましたね。
そこで、今日は気になる原油市場についてのレポートをご紹介します。

松永さんのブログ「松永総研」では、原油市場の値動きについて、『米軍がイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官ら2人を空爆で殺害したことを受けて、先週末のNY原油が大幅高となりました』と分析しています。

『イラン要人からの報復を示唆する発言』に対して、『トランプ大統領は4日、自身のツイッターで、「イランが米国人や米国の施設を攻撃した場合、イランの施設52カ所を非常に激しく攻撃する。標的の一部はイランやイランの文化にとって非常にハイレベルで重要なものであり、こうした標的やイランそのものが、非常に迅速かつ激しく攻撃される。イランの施設52カ所とは、1979年11月にイランで起きた米大使館占拠事件で444日間にわたって人質になった米国人の数だ。」とコメントしました』と伝えています。それにより、『米国とイランとの緊張が更に高まりました』と指摘しています。

そして、『イランがサウジアラビアを再び攻撃する可能性を米国政府が警告したことも、原油価格を押し上げました』と解説しています。

一方、テクニカル面については、『9月16日の高値(63.38ドル)と先週末の高値(64.09ドル)でダブルトップを形成する可能性があるものの、「イランの行動次第」といったところかもしれません』と考察しています。

参考にしてみてください。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の1月6日付「原油市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below