for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油供給懸念の後退から国際石油開発帝石を対象とするプットが前日比2倍の大幅上昇(9日10:00時点のeワラント取引動向)


*11:05JST 原油供給懸念の後退から国際石油開発帝石を対象とするプットが前日比2倍の大幅上昇(9日10:00時点のeワラント取引動向)
新規買いは原資産の株価上昇が目立つブレインパッド
3655コール40回 3月 6,000円を順張り、ソフトバンクグループ9984コール515回 2月 5,750円を順張り、ソフトバンクグループプット398回 4月 3,500円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしては日経平均コール1422回 2月 23,500円、日経平均コール1427回 4月 23,500円、ソフトバンクグループコール521回 5月 4,250円、エービーシー・マート
2670プット14回 2月 6,500円、ソフトバンクグループコール508回 3月 6,750円などが見られる。

上昇率上位は国際石油開発帝石
1605プット124回 2月 850円(前日比2倍)、エービーシー・マート2670プット14回 2月 6,500円(+86.7%)、国際石油開発帝石プット125回 2月 1,000円(+72.9%)、JXTGホールディングス5020プット47回 2月 400円(+66.7%)、WTI原油先物リンク債_2020年3月限プット2回 2月 50米ドル(+62.5%)などとなっている。

(eワラント証券投資情報室)





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up