January 9, 2020 / 8:02 AM / 21 days ago

封じ込められている「中国の米国債売却」【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*16:58JST 封じ込められている「中国の米国債売却」【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
今年は米国大統領選挙の年だが、トランプ大統領の再選の有無にかかわらず「米中冷戦」は継続しよう。米中冷戦において、中国側の切り札と言われるのが「米国債売却」である。世界第2位の米国債保有国の中国(19年10月末時点で1.1兆ドル)が本格的に米国債を売却すれば米国債価格の暴落は避けられないため、金融市場にとって一大リスク要因である。

ただ、この「中国による米国債売却」は「切れないカード」と評価すべきだろう。1977年に施行された国際緊急経済権限法では、大統領が非常事態宣言を行えば、当該対象の米国との貿易が禁止、米企業が当該地域で活動できなくなる他、金融取引なども禁止されることが定められている。トランプ大統領はメキシコ産品への関税賦課や米企業の中国撤退などの可能性に言及してきたが、これらは同法を念頭に置いたものである。同法の前提は「異例かつ重大な脅威」であるが、非常事態宣言一つで柔軟な運用も可能である。

中国側は米国債を売却しようとするかもしれないが、無効化され、ペナルティを課されるかもしれない中国との取引というリスクは簡単にはとれないだろう。中国による米国債売却を封じ込めるためには、実現にはリスクをともなう「保有の無効化」まで踏み込まずとも、「取引無効化の可能性」で十分である。


《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below