January 9, 2020 / 5:42 AM / 7 months ago

原油高が原油生産量の増加に繋がるか サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


*14:37JST 原油高が原油生産量の増加に繋がるか サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
皆さん、こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の気になるレポートです。7日の米市場では、イランが対米報復として米国にとって「歴史的悪夢」となるような13のシナリオを検討していると報じられ、地政学リスクが改めて意識される一方で、米国とイランが全面戦争に突入する可能性は低そうとの見通しなどから原油価格が下落。しかし8日にまたリスクオフの流れとなり、金や原油の価格が大きく動きました。
今日は金市場と原油市場についてのレポートをご紹介します。

松永さんのレポートでは、8日に『イラク駐留米軍基地であるアルアサド空軍基地とエルビルの基地が、イランからの10発以上の弾道ミサイル攻撃を受け』たため、『NY金とNY原油の電子取引が急騰しました』と伝えています。

この弾道ミサイル攻撃については、イランでの高まる反米感情を挙げ、『イラン最高指導者のハメイネ師率いるイラン革命防衛隊が米国への報復行動をとらなければ、イラン国内でのハメイネ師の支持率が大きく低下することも予想されていただけに』、『ハメイネ師としても避けられない選択だったのかもしれません』と考察しています。

8日の朝方急騰したNY原油の電子取引は、昼頃には失速。ブレンド原油について、松永さんは『ダブルトップを形成する可能性も出てきました』と指摘しています。

また、この度の中東リスクの上昇は『原油生産への影響はほとんどないようです』との見解で、『それよりも、NY原油がこの3カ月間で51ドル付近から65ドル付近まで14ドルほど大幅上昇したことを受けて、米国やOPEC非加盟国の原油生産量が増加することも考えられます』としており、特に『米国のシェール油田の増産ペースが加速する可能性は高まりました』と分析しています。

そして『イラク駐留米軍基地の被害状況とトランプ大統領の今後の判断が注目されております』との見解を述べています。

参考にしてみてください。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の1月8日付の「金市場&原油市場パート4」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below