for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

EUとTPPの相違点【世界経済・金融シナリオ分析会議】


*15:42JST EUとTPPの相違点【世界経済・金融シナリオ分析会議】
イギリスのEU離脱が漸く確定的となったことを受けて、イギリスによる将来的なTPP参加の可能性が報じられるなど、経済圏にも動きが出始めた。イギリスもTPP加盟に向けて検討を重ねており、「An information pack for the Consultation relating to the UK potentially seeking accession to the Comprehensive and Progressive Agreement for Trans-Pacific Partnership」などを公表している。

現在28ヵ国が加盟するEUは、人口5億人、世界GDPの2割超に相当する経済圏である一方、11ヵ国が加盟するTPPは、人口5億人、世界GDPの13~14%に相当する経済圏である。ともに一大経済圏のEUとTPPであるが、その性質は一線を画す。

経済面ではEUとドイツはほぼ相似形である。EUの貿易黒字の多くはドイツが稼ぐなど、EUにおけるドイツの存在感は圧倒的である。このようにEUはドイツを中心とした経済的、半政治的なまとまりによる存在感を特徴とする。一方で、TPPにイギリスを加えた経済圏の域外貿易収支は899億ドルの赤字となる。TPP は「EUにおけるドイツ」のような牽引役を持たない「分散型」というのが特徴と言えるだろう。


《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up