January 20, 2020 / 6:00 AM / a month ago

拡大する中国企業債務は本当にリスクなのか?【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*14:57JST 拡大する中国企業債務は本当にリスクなのか?【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
世界銀行は「Global Waves of Debt」という報告書で、過去4回の「債務の波」を分析している。過去3回の波はいずれも景気後退あるいは景気減速につながった。2010年以降に発生している過去比類なき規模の「第4の波」では、特に中国非金融企業の債務拡大が目立つ。過去5年の中国の債務拡大ペースがアジア通貨危機当時のタイやマレーシアに匹敵するというのは何とも不穏である。

もっとも35.6兆ドルという非金融部門の債務(政府:7.1兆ドル、家計: 7.4兆ドル、企業:21兆ドル)のうち、対外債務は2兆ドルに限られる。中国企業債務のデフォルトが増えている点や、対外債務に占める短期債務依存度の高さには一定の警戒が必要ではあるが、非金融企業の債務が中国の家計部門によってファイナンスされているという点は押さえておきたい。

中国の金融資産取引表では、2010~17年に企業部門は29兆元の資金不足であったのに対して、家計部門は43兆元の資金余剰であった。海外部門は12兆元の資金不足であり、海外部門が企業部門の資金不足をファイナンスしているわけではない。中国企業債務の拡大が国内の問題であるのなら、リスクが顕在化するかどうかは中国当局の意思次第ということになる。


《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below