January 22, 2020 / 12:47 AM / a month ago

コラム【新潮流2.0】:冬の入学試験(マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆)


*09:41JST コラム【新潮流2.0】:冬の入学試験(マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆)
◆土曜日は名古屋でセミナーだった。地方で講演するときは原則として前泊するが、名古屋であれば東京から東海道新幹線で約1時間半なので当日行く。しかし土曜日は関東地方で雪の予想が出ていたため慎重を期して今回は前泊することにした。土曜日はセンター試験もあった。受験生も当日の天気や移動の足などが気になっただろう。ネットではセンター試験当時に雪が降ることが多いと話題になっていた。

◆前にも書いたかもしれないが、なぜわざわざこんな時期に入学試験をやるのだろうと思う。雪が降ったら交通機関の乱れが心配される。インフルエンザも流行する。寒いので体調管理も難しい。入試という一発勝負で運不運の影響が大きく出やすい。例えば春や秋のもっと穏やかな季節に試験をおこなった方が受験生の体力面・精神面での負担もだいぶ軽減されるだろう。

◆厳寒期の試験は苦労が多いが、しかし大変なのはみな同じ。同じ条件で戦っているのだから体調管理や突発事象への対応なども含む「トータルなマネジメント力」も受験で試されるもののひとつ…という声があるが、どうだろう。 まず「同じ条件」というところが違う。国土の狭い日本だが、それでもめったに雪が降らない都心と雪国の違いもある。離島の受験生などはフェリー運航の関係でセンター試験を受けるためだけで何泊もしなければならない。大臣が「身の丈に合わせて」などと発言すること自体、すでに格差が生まれていることの証だろう。

◆いっそのこと4月入学3月卒業という学事暦を変えればいいと思うが、それが無理なら単に入試の時期だけを変えればいい。都会・地方という居住地だけでなく、それも含めた社会経済ステータスの差が、個人の努力やがんばりでは乗り越えられない「教育格差」を生み出している。「格差」があるから弱者も生まれる。いかんともしがたい現実だが、そうした「教育弱者」の受験生にはせめて受験当日のコンディションだけは万全な状態で臨ませてあげたいものだ。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆
(出所:1/20配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より抜粋)





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below